旦那の両親と完全同居生活でアレルギー姉妹を育てる

未熟児・牛乳アレルギー・アトピー・小児喘息の5歳差アレルギー姉妹を通して食事や生活環境の見直しを行いました。さらに巷では珍しい旦那の両親と完全同居している3世代家族の中での同居の悩みや育児の悩みや解消法を書き綴っていきたいと思います。

太陽光パネルをつけて1ヶ月経過後の電気代を比較してみた!

我が家は先月10月8日からパナソニックの太陽光パネルによる太陽光発電を始めました。

屋根に取り付ける太陽光パネルや室内に設置するパワーステーションや電力切替ユニットや蓄電池ユニットなどの設置工事は9月22日に終了していたのですが、そのあと27日にきんでんさんによる電気メーターの取替工事があったりして、工事は済んでいるもののまだ我が家で電気を作るという事はできていませんでした。

そして10/8の午後に神戸の契約している会社の担当者さんが来られ数時間の作業後、夕方より発電開始となりました。

 

f:id:jyouhouhou:20181111102515j:plain

10月の売電料金はいくらだった?

10月22日に受給電力量のお知らせというハガキが来て9/27から10/21までの受給電力量と金額が記載されていたのですが129kwhで買取単価が26円なので買取料金が3354円となっていました。

要するにパネルを設置して使えるようになったのが10/8の夕方からなので10/8から10/21の約14日間で関西電力に売った電気料金が3354円という事でした。

この売電料金は11月初旬に振り込まれることになっています。

 

f:id:jyouhouhou:20181111100749j:plain

10月の使用電気料金はいくらだった?

10月の電気使用料(9/22~10/21)は412kwhの9348円でした。

これは前年同月590kwhの13688円よりも4340円安いという結果でした。

 

f:id:jyouhouhou:20181111100854j:plain

f:id:jyouhouhou:20181111101247j:plain

ちなみに先月9月分の電気代は559kwhの13782円だったので先月と比べても昨年の10月と比べても安くなっている事は間違いありません。

ですのでうちの場合はパナソニックの太陽光パネルをつけて正解だったといえると思います。

曇っている日や雨の日は晴天に比べれば発電量もかなり少なくなりますが、僅かでも発電はしてくれるのでパネルで作った電気量でまかなえている時はかなり嬉しくなります。

太陽光パネル設置後につけて金銭面以外で変化はあった?

約1ヶ月経った今、太陽光パネルを付けて良かったと思う事は節電の意識が高まったという事です。

エネルギーモニターという今どれだけ電気を作って、電気を使ったり売ったりしているのかを数字で見られるモニターがあるのですがそれを見ると電気使い過ぎだなぁとか、電気代の高い時間には洗濯機や掃除機を使うのはやめよう、こたつもできるだけ我慢しようという気持ちが高まります。

 

f:id:jyouhouhou:20181111102028j:plain

我が家はオール電化なのでどうせ電気を使うなら朝の7時までか夕方5時以降が電気代が安いので、その時間を狙うようになりました。

さらに我が家に太陽光パネルをつけてから、いろんな家の太陽光パネルに目がいくようになりました。

どこのメーカーのパネルかなぁ?とか何枚ついているのかなぁ?と車を運転している時や自転車で出かけた時などかなり気になるようになりました。