旦那の両親と完全同居生活でアレルギー姉妹を育てる

未熟児・牛乳アレルギー・アトピー・小児喘息の5歳差アレルギー姉妹を通して食事や生活環境の見直しを行いました。さらに巷では珍しい旦那の両親と完全同居している3世代家族の中での同居の悩みや育児の悩みや解消法を書き綴っていきたいと思います。

4歳娘が夏休みにUSJで楽しく乗れたアトラクションはコレ

2018年の夏休みに家族でUSJに行ってきました。

子どもが9歳と4歳で特別USJのキャラクターが好き!というわけではなかったので行って楽しめるかなぁという一抹の不安はあったのですがこれが意外と楽しめたようでした。

今日は4歳の娘がUSJでどのように過ごして楽しんだのかについて備忘録として残します。

f:id:jyouhouhou:20180921133557j:plain

行きあたりバッタリが嫌なら公式ページやマニュアル本で事前チェック

夏休みにUSJ行きが決まってからは公式ページでどんなアトラクションがあって4歳が乗れる物はあるだろうかというのをまず調べました。

小さな子でも楽しめるという「ワンダーランド」というエリアがあったので次女はココで過ごすのだろうなぁと漠然と想像していました。

公式ページだけだと情報が少ないかなぁと思い本屋でマニュアル本も購入しました。

 

f:id:jyouhouhou:20180921122651j:plain

本で見るイメージと実物の印象は違う場合もあるので実物で判断

この本で注目したのはアトラクションのなごみ系やスリル系という分類でした。

しかし実際にはなごみ系の記載があった「ビッグバードのビッグトップサーカス」といういわゆるメリーゴーランドは何度誘っても乗りたがらず、まさかのスリル系「ゴーゴースケートボード」には「乗れる」と言い張り顔をこわばらせながら(笑)乗りました。

なので予定としての目星をつけるのは良いのですが実際にアトラクションを見てみないと本人も判断ができないという事はあるみたいです。

 

f:id:jyouhouhou:20180921123154j:plain

4歳の娘がワンダーランドで乗ったアトラクションはコレ

結局当日次女が乗ったのはスヌーピーの顔が可愛い「フライングスヌーピー」、「ハローキティのカップケーキドリーム」という名のコーヒーカップ、結構上に高く上がる「モッピ―のバルーントリップ」、大人でもスリルを感じた「エルモのゴーゴースケートボード」でした。

 

f:id:jyouhouhou:20180921124108j:plain

以上の4つはまさに乗り物というアトラクションなのですが、ワンダーランドでは他にも「エルモのイマジネーションプレイランド」でブロックを触ったりボールプールを覗いたり「泡のプロジェクションマッピング」で泡が出てくる度にジャンプしたり楽しんでいました。

 

f:id:jyouhouhou:20180921123309j:plain

「スヌーピースタジオ」はかなり冷房が効いているのか入り口に近づくだけで涼しくとっても快適なアトラクションでした。

中に入ると家族連れでいっぱいだった為、特に何をするという事もありませんでしたが暑さしのぎに最高の場所でした。

待ち時間は長いが4歳の娘が絶対乗りたい!と言っていたのがコレ

次女が乗ったアトラクションの中で一番混みまくっていたのが「フライング・スヌーピー」です。

よやくのりができるアトラクションなのですが午前中に発券しに行くと予約時間が5時とかだったので先に他の乗り物を予約しに行こうと思ったのが間違いで次に見に行くと発券終了となっていて約1時間位普通に並ぶハメになりました。

同じ1時間でも回転率が良くどんどん前に進んで行くアトラクションもありますがフライングスヌーピーは本当に回転率が悪く持参していた携帯椅子を出して次女と座りました。

 

f:id:jyouhouhou:20180921125413j:plain

いざ順番が来て乗ってみると見た目が可愛いしそれなりに楽しいので次女も喜んでいましたが予約券は絶対とるべきアトラクションだと思いました。

大人でもちょっと怖い?ジョーズも家族一緒なら乗れる

昼食は前回記載した通りアミティビレッジのレストランで食べたのですが、そこからジョーズの乗り場が見えていたので家族全員で乗ろうという事になり食後に並びに行きました。

確かココが50分待ち位だったと思うのですが1回に乗れる人数が多いので待ち時間は全く苦痛になりませんでした。

 

f:id:jyouhouhou:20180919115432p:plain

並ぶ場所も屋根がある場所だし所どころに大型の扇風機もあるのでかなり快適でした。

次女はジョーズが現れた瞬間や爆発の瞬間は主人にしがみついていたようです。

4歳児にしては刺激的な体験ができたと思います。

4歳娘は怖がっていたがやっぱりキャラクターに会えるのは醍醐味

ワンダーランドの醍醐味はスヌーピーやキティちゃん・エルモやクッキーモンスターなどのキャラクターが定期的に出没するという点だと思います。

出会う度に娘に「一緒に写真を撮ろう」「後ろから触るだけでも良いやん」と声かけしましたが、「怖い」の一点張りで近づこうとしませんでした。

 

f:id:jyouhouhou:20180921130218j:plain

4歳次女と私がスヌーピースタジオ前を歩いていると後ろから肩をトントンと叩く人が!「え?誰?」と思って振り向くとスヌーピーの友達で赤い帽子を被ったチャーリーブラウンとサザエさんのような髪型のルーシーでした。

あまりの驚きに声も出せません。

手を繋いでいた娘も怖がっていたので絶好のチャンスでしたが一緒に写真を撮る事は諦めました。

 

f:id:jyouhouhou:20180921130524j:plain

 

f:id:jyouhouhou:20180921130829j:plain

f:id:jyouhouhou:20180921131102j:plain

2回位スヌーピーやキティちゃんを見てからは、「もう1回スヌーピー見たいなぁ」と言いだし、「そんな何回も都合よく現れるもんちゃうで」と言っていたらやっぱり帰るまで姿を見る事ができませんでした。

とにもかくにも4歳にはワンダーランドは最高の遊び場だったようです。

もうちょっと食いつくかなあと思っていたミニオンパークのアトラクションは嫌がって乗りませんでした。

帰りには「楽しかった!また来たい。」と言っていたのでまた家族で行きたいと思います。