旦那の両親と完全同居生活でアレルギー姉妹を育てる

未熟児・牛乳アレルギー・アトピー・小児喘息の5歳差アレルギー姉妹を通して食事や生活環境の見直しを行いました。さらに巷では珍しい旦那の両親と完全同居している3世代家族の中での同居の悩みや育児の悩みや解消法を書き綴っていきたいと思います。

2018お盆に六甲山の真夏の雪まつり!宝探しゲームに参加してきました

夏休みに入ってプールは何度か行ったのですが、何か夏らしい思い出は作れないかと考えていました。

そこで見つけたのが六甲山カンツリーハウスの雪まつりです。

真夏なのに雪ってすごくないですか?

 f:id:jyouhouhou:20180814221140p:plain

到着したのが1回目の宝探しゲーム終了間際だった

夏休みは毎日開催されているようなのですがお盆期間はスペシャル宝探しゲームが開催されるようで通常よりも雪山に隠される宝物が豪華だという事で私や娘2人がとっても楽しみにしていました。

特に娘2人はスイカが大好きな為、スイカ持って帰るぞ位の勢いだったと思います。

ちょうど到着したのが1回目の宝探しゲームがまもなく終了という11時40分位だったでしょうか。 

 

f:id:jyouhouhou:20180814163908j:plain

それほど人は多くありませんでしたが、皆が一生懸命雪を掘っていたので家族でちょっと雪をスコップで掘ってみましたがさらっとした雪というよりは小さな氷の集まりのような感触でした。

冷たくて気持ちが良いというよりは素手で触るのはちょっと・・という感じで姉妹は「手が冷たい」とブーイング。持って来ていた手袋を履かせましたがしっくりこないのかほとんど履いている人がいないからかすぐに脱いでしまう始末。

 

 f:id:jyouhouhou:20180814221517p:plain

 

とりあえず5分程で1回目のゲームは終了して一旦雪山は閉まったのでちょっと上に上がった日陰で休憩がてらお弁当を食べました。

ポップアップテントを立てている方も結構おられました。

我が家はレジャーシートのみの持参だったので坂の上の端っこ辺りの日陰なのか日向なのかという場所で食べました。

その際に2回目の宝を係の方々が埋めていたのでそれを見ながらの昼食となりました。

 

f:id:jyouhouhou:20180814221919p:plain

早い人達は雪山に隠す、スタートの30分程前から食い入るようにどこに隠しているかをしっかり前で見ていました。

陽射しもきつかったので相当暑かったと思いますが皆さん凄いです。

 

f:id:jyouhouhou:20180814172334j:plain

太陽が照り付ける中チュービングスライダーをした!

六甲山は平地よりも3度ほど気温が低いと聞いていたのでちょっと期待していたのですが陽射しが強かったせいかあまり高地の涼しさを感じる事ができませんでした。

服装も普段通りの半そでで何ら問題ありませんでした。

2回目の宝さがしゲームが12時半に始まるという事で昼食後に時間が余った長女がやりたがっていた「チュービングスライダー」をしに行きました。

 

f:id:jyouhouhou:20180814222312j:plain

遠くから見ているとあんまり大したことなさそうでしたが、やった本人に聞くとスタート時にタイヤを押されて後ろ向きに滑っていくのが結構怖かったと事でした。

3段階に分かれて入る雪山スペシャル宝さがしゲーム

宝探しは3回にスタート時間が3段階に分かれており、

まず最初に入れるのは「3歳~5歳で1人で入れるお子さん」

2回目の合図で入れるのは「小学生のお子さん」

3回目の合図で入れるのが「大人」と決まっています。

しかし1回目の合図から3回目の合図までの間隔がそれ程あいていないのがちょっと問題かなあと思いました。

こんな誰が見ても分かりやすいミニオンズのセンスやら飴ちゃんなどをばら撒いてくれているのですがやはりこういう掘らなくても取れるものは最初の3~5歳児さんが取っていくことになります。

 

f:id:jyouhouhou:20180814223023j:plain

現行ルールでは3~5歳児が最初に入らないとかなり不利!

我が家には4歳児がいるので一番有利な状態で入れるのですが本人が1人で入るのが怖いと半泣き状態だった為、2回目の合図で長女が入りましたがもう見える状態のお宝は何もなかったようで全く恩恵が受けられませんでした(笑)

長女の話では初めの合図で小学生のような子も既に入ってしまっているようだしチェックもないので我先にと、どんどん入って取ってしまっているのかもしれません。

真夏の雪山はビックリする位の人・人・人

3回目の合図で入ったはいいけど、掘る場所がない!という程に人で溢れていました。

芋の子を洗うような混雑とはまさにこういう状況だと思います。

 

f:id:jyouhouhou:20180814223339j:plain

開始早々からゴム手袋をつけていたので両手で掘ってみたりスコップで掘ってみたりしましたがやっているうちに「何かの罰ゲーム?」みたいな気持ちになってしまいちょっと辛かったです。

それでもこのゴム手袋は軍手や手袋と違って手が濡れないのでお勧めです。

だいぶ人が減ってもこれだけの人が頑張って宝を見つけようと必死で掘り続けていました。

この空を見て下さい。もう快晴以外の何物でもなかったです。

 

f:id:jyouhouhou:20180814171300j:plain

我が家は両親が割と早々に離脱し、子ども達が両親よりもちょっと長めに雪と戯れました。

とにかく子ども達が何もゲットできなかったけれど、それなりに雪で楽しんでくれたのでヨシとしました。

 

f:id:jyouhouhou:20180814224214p:plain

小さいお子さんは飴などを見つけて持っている子もいましたがほとんどの人が何の宝も見つけられずひたすら雪を掘っているというような状況でした。

雪山に埋められないようなお宝は代わりにスーパーボールが埋められているとの事で必死でスーパーボールを探しましたが全く見つかりません。

 

f:id:jyouhouhou:20180814172005j:plain

恐らく参加費も無料なのでたくさんの人が集まってきているのだと思います。

長女も途中何度か転んだ事や人混み&何も見つけられなかった事もあり「もう探しは来年からはしたくない!」と宣言されました。

雪山自体はそこそこのスペースなので人数を制限して何回かに分けてするなどの工夫がいるのでは?と思ってしまいました。

もしかすると普段はこんなに人が多くないのかもしれませんが今年の8月13日は相当人が多かったです。

宝さがしゲームに行くなら必需品はコレ

最後になりますが、真夏の雪まつり!宝探しゲームに行くなら持って行った方が良い物をお伝えしたいと思います。

ゴム手袋・長靴・バケツ・プラスチック製のスコップ・帽子・レジャーシートです。

 

f:id:jyouhouhou:20180814224844j:plain

スコップは隣の物販コーナーで売っていますが小さな物でも300円、長い柄のシャベルタイプになると700円するので人数分買うのが大変な場合は持参した方が良いですね。

レジャーシートは休憩したり荷物を置いたりできるので便利だと思いました。

バケツはお宝をゲットした時に入れる物が必要かなあと思います。