旦那の両親と完全同居生活でアレルギー姉妹を育てる私

未熟児・牛乳アレルギー・アトピー・小児喘息の5歳差アレルギー姉妹を通して食事や生活環境の見直しを行いました。さらに巷では珍しい旦那の両親と完全同居している3世代家族の中での同居の悩みや育児の悩みや解消法を書き綴っていきたいと思います。

びっくりドンキーで乳アレルギー用のハンバーグを食べてきた

先日長女の誕生日で食事に行こうという事になり前々から長女と私が行きたかったびっくりドンキーに行ってきました。

これまでは次女が牛乳アレルギーの為、ドンキーに行っても食べる物がないなぁと行くのをためらっていたのですが先日たまたまホームページで確認したところアレルギーでも食べられるハンバーグメニューが発売されたとの事で行ってみたいなぁと思っていた所でした。

 

f:id:jyouhouhou:20170902230052j:plain

アレルギーっ子待望のハンバーグ発売開始

牛乳を使っていないだけではなく、小麦も卵も使っていないとの事でアレルギーっ子には待望のハンバーグ発売といった所でしょうか。

行く前に再度ホームページで確認すると注文してから20分かかると記載があった為、お店に着いてメニューを渡されると先に乳・小麦・卵を使わないハンバーグのSサイズを注文しました。

値段は税込494円でした。

 

f:id:jyouhouhou:20170902224903j:plain

専用マットを敷いて誤食を防ぐ工夫

注文後、アレルギーのハンバーグがどの子が注文したものなのかを分かりやすくするための紙製のランチョマットが届きました。

ディズニーランドでも低アレルゲンメニューを注文すると赤い旗を持ってきて次女の目の前に置いてくれましたが、提供する側にとっても目印になるしわかりやすくて良いと思いました。

 

f:id:jyouhouhou:20170902224227j:plain

小食の3歳児もハンバーグは完食できた

次女はハンバーグ自体は嫌いではないのですが、お店でハンバーグを食べる事はあまり乗り気ではありませんでした。

しかし、いざ目の前にハンバーグが運ばれてきて私が小さく切ってあげると意外とパクパク食べました。

小食の娘にはちょっと大きいようにも見えましたが、口に運んであげるとなんとかハンバーグは完食する事ができました。

ご飯とサラダは食べきれませんでしたが本人なりに頑張りました。

 

f:id:jyouhouhou:20170902230631j:plain

アレルギー以外のハンバーグも勿論美味しかった

私も次女にハンバーグやサラダを食べさせながら自分もパクパク食べて大盛りご飯も、ナスビと卵が入った味噌汁も全て完食し、旦那にビックリされました。

長女に至ってはデザートのパフェまで食べました。

やっぱりびっくりドンキー最高でした。

 

f:id:jyouhouhou:20170902230405j:plain

絵本コーナーが充実していた

食事も美味しくて満足だったのですが、帰りに店内を見ると前回来た時にはなかった絵本コーナーがあり娘2人は本好きの為、すぐ手に取って読んでいました。

ノンタンやぐりとぐら、そして今流行のヨシタケシンスケさんのもうぬげないという本もありました。

置いてある絵本のチョイスも結構素敵だなと個人的にはこの絵本コーナーでしばらく時間をつぶしたい位でした。

 

f:id:jyouhouhou:20170902231406j:plain