旦那の両親と完全同居生活でアレルギー姉妹を育てる私

未熟児・牛乳アレルギー・アトピー・小児喘息の5歳差アレルギー姉妹を通して食事や生活環境の見直しを行いました。さらに巷では珍しい旦那の両親と完全同居している3世代家族の中での同居の悩みや育児の悩みや解消法を書き綴っていきたいと思います。

3歳で牛乳の負荷試験を受けたら1㏄でアレルギー症状が出た

先日3歳の娘が牛乳アレルギーの食物負荷試験をしてきました。

先月のアレルギー検査の結果、わずかですが値が下がっていたので0才10カ月で粉ミルクを飲んで以来3年ぶりに負荷試験をしてきました。

予約時間に行ってすぐ負荷試験ではない・・

前回は外来で行ったので入院病棟で行う本格的な負荷試験は初めてでした。

まず予約時間の朝9時に病院へ行き入院窓口に保険証や診察券を提出、外来窓口に診察券を提出、しばらく待ち時間があった後に身長・体重・体温を測って外来の看護師さんと共に入院病棟へ行きました。

朝行ったら受付後すぐに入院病棟へ移動するのかなと思っていたのですが、30分位は外来で過ごしました。

 

f:id:jyouhouhou:20170831195146j:plain 

さらに負荷試験は病室で行うと聞いていたので大部屋を希望していたのですが、大部屋の今日退院する人が退院した後に部屋に入れてもらえるという事で空くまでは個室にいて欲しいと言われ個室に行くことに・・。

 

f:id:jyouhouhou:20170831191947j:plain

負荷試験前にいつでも点滴の薬を入れられるように針を刺す処置をしてもらいました。

この時のみ本人のみ処置室に入って、保護者は外に出るように言われました。

これがやはり痛かったようで出てきた時は泣いてはいなかったものの涙が今にも目から落ちそうでした。

今回は幸い点滴をするまではいかなかったのですが、本人は痛いですが負荷試験で命を落とすなんて事があってはいけませんのでこれは絶対必要な処置だと思います。

 

 f:id:jyouhouhou:20170831184357j:plain 

初めて飲んだ牛乳1㏄でまず出た症状は

牛乳を飲むのは病室なのかと思っていたらまさかのデイルームに呼ばれ「広いのでここでやりましょう」と言われ牛乳と前回処方されていた飲み薬を用意しました。

その牛乳を先生が1㏄だけ小さな軽量カップに入れて、娘に「はい飲んで」と言われました。

牛乳を飲んだのは生まれて初めての体験でした。

初めての事でしたがおいしかったそうで満足気でした。

 

f:id:jyouhouhou:20170831195411j:plain

1ccなので蕁麻疹が出るだろうか、ギリギリ出ずに済むのだろうか?と私も少々不安な気持ちで娘の顔をチラチラ見ていました。

飲んですぐは何の変化もなかったので大丈夫なのかなと思っていたのですが看護師さんの入院の問診を受けながら娘を見てみるとなんか口の上に湿疹が1つできたような・・。

飲んでから3分位の出来事でした。それからさらに2分程で口の横にももう1つポツっと湿疹が出ました。

かゆみも全くなく腫れあがる事もありませんでした。

蕁麻疹だけでは終わらず目のかゆみ

この時点ではしんどいとかかゆいとかはなかったのですが、スタートから8分程立った時に急に右目をこすり出しました。

「目かゆい?」と聞くと「かゆくない」と言っていましたが目が段々と充血していきました。

担当の看護師さんが常にいてくださったので「目が充血していますね」など見て下さり、その度に先生が確認しに来てくれて「ちょっと様子を見ましょう」と言われました。

下記の画像は薬を服用後の写真ですがまだ若干右の白目が充血しています。

 

f:id:jyouhouhou:20170831193215p:plain

咳が出てきたので負荷試験は中止に

目が赤いのと口の周りの2つの蕁麻疹以外は問題なかったので、そのまま落ち着くのかなと思ったのですが、スタートから15分も経ってないように思いますが急に咳をし始めました。

風邪もひいていないし朝から1回も咳なんかしていなかったのですが何回も咳が出てきました。

隣にいる看護師さんに咳の事を話すと先生を呼んでくれて、先生から薬を飲むように指示と負荷試験中止宣言がありました。

プレドニン錠5mgとエピナスチン塩酸塩DS小児用1%という薬の2種類もらっていたのですが両方飲むように言われ、プレドニンがかなり苦いので持参していたお薬のめたよに混ぜてスプーンで娘の口に運びました。

 

f:id:jyouhouhou:20170831194237j:plain

咳はしていましたが本人に聞くと苦しいとかはなかったようで安心しました。

このまま薬を飲まずに放置していた場合は気管が狭くなって苦しいなんて事もあったのかもしれません。

1㏄で明らかなアレルギー症状が出たのでこれまで通り牛乳を含む製品が制限されました。

個室に帰ってくつろいでいる時に気づいたのですが首回りが少し赤くなっていました。

 

 f:id:jyouhouhou:20170831190829j:plain

待ち時間が退屈なのでテレビは必須

薬を服用後に状態も落ち着いた為、個室に戻り部屋で経過を見るという事になりました。

30分おきに担当の看護師さんが心拍数や血圧などを測りに来てくれました。

娘は牛乳も飲んだし、もう家に帰りたがっていましたが遅れて出てくるアレルギー症状などもあるし、もともと4時間位はかかると言われていたのでとりあえずテレビを見たり好きなお菓子を食べさせたりして落ち着かせました。

 

f:id:jyouhouhou:20170831191226j:plain

音が出ない暇つぶしが大部屋では必須

結局支払いの計算が終わったが14時前だったので9時半から始まった負荷試験入院は4時間半かかって終わりました。

途中12時半か13時頃に大部屋が空いたので大部屋に移動する事ができました。

4人部屋の3人入院中の部屋だった事と入院していたのが3人共赤ちゃんのようで常に誰かが泣いていました。

個室ではテレビも見れたのですが大部屋に行ってからはイヤホンも持ってきていなかったしテレビが見れず退屈しました。

 

f:id:jyouhouhou:20170831191800p:plain

次回負荷試験を受ける時はイヤホンを持参したいと思います。

持って来ていた塗り絵やお絵かき帳でなんとか暇つぶしをしましたが、ベットで寝る事も嫌がる娘を長時間部屋にいさせるのは結構大変でした。

結果的には数時間すごした個室の部屋代もかからなかったので支払いは無料でした。

次回の負荷試験では5㏄位飲めたら良いんだけど・・・。