旦那の両親と完全同居生活でアレルギー姉妹を育てる私

未熟児・牛乳アレルギー・アトピー・小児喘息の5歳差アレルギー姉妹を通して食事や生活環境の見直しを行いました。さらに巷では珍しい旦那の両親と完全同居している3世代家族の中での同居の悩みや育児の悩みや解消法を書き綴っていきたいと思います。

妊娠29週で急に大量出血!前置胎盤で緊急入院した話

29週4日の突然の大量出血から始まった

私が30週4日で次女を出産する事になったのは29週4日で前置胎盤だと診断された事が原因でした。

妊娠29週4日の夜8時半頃だったでしょうか。

何かおしっこが漏れるような感覚があり慌ててトイレへ行くと真っ赤な血が下着に付いていました。

付いていただけではなく次から次へとしたたり落ちてきます。

慌ててナプキンを取りに2階へ上がったのですがナプキンを付ける間にもポトポト床に血が落ちます。

 

f:id:jyouhouhou:20170404130008j:plain

恐怖で震えながらも病院へ電話 

お風呂上りだったのでパジャマだったのですが、とりあえずナプキンを付けて洋服に着替えて産婦人科へ電話しました。

とにかく「診察しますので今から来てください」との返事だったので(赤ちゃんはどうなるんだろう?こんなに出血するなんてどうなってしまったんだろう)と不安で一杯の気持ちが抑えきれないまま旦那に車で送ってもらいました。

 f:id:jyouhouhou:20170404125652j:plain

大量出血の原因は低置胎盤だった

病院でまず赤ちゃんの心音を聞いてもらったら「赤ちゃんは元気だよ」と言われたので心の底からホッとしました。

子宮の内診を受けた結果は「低置胎盤です」と言われ初めて聞く言葉だったので意味が分からなかったのですが母と赤ちゃんをつなぐ胎盤が子宮の下の方に下がっている状態らしく大量出血したそうです。

 

f:id:jyouhouhou:20170404124838j:plain

個人病院では対処できない為総合病院へ搬送

とにかく安静にする事が必要なので入院になると言われ病室に案内されました。

旦那には宿泊用の荷物を取りに帰ってもらいました。

翌日の朝と午後に車いすに乗せられ診察室で再度内診を受け、子宮口に胎盤がかかっている為に出産時に大量出血する可能性が高く、輸血の必要もあるのでうちの病院では対処できない事などを説明され総合病院を紹介されて病院を移る事になりました。

この時点ではそれほどおおごとだとは理解できていなかったのですが総合病院へ移動する際に自分の車で行くのかと思っていたら「それでは救急車を呼びます」と言われ救急車にタンカのまま乗せられた時はなんかヤバいかもと思いだしました。

搬送された総合病院での話はまた後日記載します。