旦那の両親と完全同居生活でアレルギー姉妹を育てる私

未熟児・牛乳アレルギー・アトピー・小児喘息の5歳差アレルギー姉妹を通して食事や生活環境の見直しを行いました。さらに巷では珍しい旦那の両親と完全同居している3世代家族の中での同居の悩みや育児の悩みや解消法を書き綴っていきたいと思います。

妊娠中に咳がとまらない場合は大抵漢方が処方される!

咳が止まらない場合は早めに病院へ

第2子を妊娠中に咳が止まらない事がありました。

最初は風邪のように熱と咳が出ていたのですがいつのまにか咳だけが残り1日中コンコンコンコンと咳が出て腹筋が痛いというのが1ヶ月程続きました。

妊娠中でなければすぐに内科に行き薬をもらって飲みたい所ですがお腹の赤ちゃんの事を考慮して次の健診まで待つことにしました。

 

f:id:jyouhouhou:20170311081529j:plain

薬が苦手な人に漢方薬は辛い

妊婦健診の診察時に「咳が止まらないです。」と言うと妊婦さんでも飲めるという漢方薬を出してくれました。

しかし私は漢方が大の苦手。

帰宅後なんとか頑張って口に含んでみましたが、あまりのまずさに戻してしまいました。

その後も水を少し含んでから少量ずつ薬を口に入れて飲み込もうとしましたが昔から薬を飲むのが苦手なのでやはり吐き出してしまう始末。

錠剤はまだなんとかなるのですが粉薬は恥ずかしながら苦戦を強いられます。

中でも漢方は一番難易度が高く、処方された薬のニオイがきつい事きつい事。

f:id:jyouhouhou:20170311082052j:plain

アレルギー検査陰性でも咳が続く

それ以降はどんなに咳が出てもその漢方を飲む事はありませんでした。

しかし咳がいつまでたっても止まらないので仕方なくネットで調べて近所で有名な病院へ行くことにしました。

 

そこで胸の音を聞いてもらったりアレルギーの検査をしてもらい、恐らく「ほこりやダニなどのアレルギーだろう」と言われていたのですが後日結果を聞きに行くとアレルギー検査は陰性でした。

 

f:id:jyouhouhou:20170311082631j:plain

その際言われた病名等は忘れたですが、初めて吸入薬をもらいました。

「妊娠中でも大丈夫な薬ですか?」と聞いたら「大丈夫です」と言われたので安心しました。

漢方薬が処方されなかっただけで心の底からホッとしました。

その薬が効いたのか、時期的なものなのかはわかりませんがとにかく咳は止まりました。

しかし、出産後に喉の不快感をきっかけに恐ろしい目にあうとはこの時はまだ知る由もありませんでした。