旦那の両親と完全同居生活でアレルギー姉妹を育てる私

未熟児・牛乳アレルギー・アトピー・小児喘息の5歳差アレルギー姉妹を通して食事や生活環境の見直しを行いました。さらに巷では珍しい旦那の両親と完全同居している3世代家族の中での同居の悩みや育児の悩みや解消法を書き綴っていきたいと思います。

粘膜下筋腫の診察や検査とリュープリンの注射は高額だった話!

2010年の年末に不妊治療クリニックで粘膜下筋腫の手術を勧められ、2011年1月31日にHFと呼ばれる子宮鏡検査を受けました。

 

詳しくはあまり覚えていないのですが、すごく痛かったような記憶があります。

この日の会計は3140円でした。

 

後日総合病院の紹介状をもらいに行き、それを持って2月4日に総合病院の産婦人科へ行きました。

紹介状を持って総合病院の産婦人科へ

f:id:jyouhouhou:20170107164126j:plain

総合病院だけあってかなり混んでおり紹介状を持っていても予約なしの為、朝から行ったけれど呼ばれたのは昼位だったと記憶しています。

 

採血と診察を受けて「○○クリニックで手術を勧められたのなら間違いなく手術を受けるべきですね」との話でした。

 

恐らくそのクリニックが不妊治療で有名な病院なので説得力があったんだろうと思います。

 

しかし私が勧められた子宮鏡下子宮筋腫切除術は開腹手術ではなく特別な機械を使うので手術が混んでいる為、今すぐはできないと言われ手術の順番待ちをすることになりました。

 

この日の診察代が驚くなかれ6600円でした。高っ!

f:id:jyouhouhou:20170107164404j:plain

個人病院ではできなかった色んな検査をしました

3月18日にMRIを受けたのですが当日体調が最悪で正直キャンセルしたかったのですが、これを逃すとまた手術が遅れるとか色々想像してしまい熱と咳が込み上げてくる中での撮影だったので「息を止めて」とか「動かないで」の指示が拷問のようでした。

 f:id:jyouhouhou:20170107164729j:plain

咳が出てる時のMRIはホントやめた方がいいですね。

前回の診察代も高かったけどMRIは8880円でした。

もう笑うしかないですね。

 

3月25日には子宮卵管通水検査という子宮の中でバルーンを膨らますという検査もしました。

この日の会計は1800円でした。

 

4月11日にリュープリンという注射を受けてかなり痛かった記憶があります。

この注射が高いです。16720円支払いました。

 

このホルモン注射を28日ごとに受けるように言われました。

突然の病院からの手術の電話に戸惑いながらも

結果的にはリュープリン1回目の数日後には急遽自宅に電話があり「手術の空きができたので5月17日に受けませんか?」との連絡でした。

 

初診の時に「半年位は待ってもらう」と言われていたので突然の電話に驚きましたが、その日に受けないと次いつになるか的な話だったので「お願いします」と返答しました。

 

急遽手術が決まったので1回目の注射から28日後の5月9日にリュープリン2回目と手術前検査を行いました。

会計は19010円で注射代が、そのほとんどを占めていました。