旦那の両親と完全同居生活でアレルギー姉妹を育てる私

未熟児・牛乳アレルギー・アトピー・小児喘息の5歳差アレルギー姉妹を通して食事や生活環境の見直しを行いました。さらに巷では珍しい旦那の両親と完全同居している3世代家族の中での同居の悩みや育児の悩みや解消法を書き綴っていきたいと思います。

ディズニーランドで3歳児が楽しめたのはこのアトラクション

ディズニーランドで3歳児が1番楽しんでいたのがファンタジーランドの空飛ぶダンボでした。

アラフォーの私は上がったり下がったりするのが結構苦痛だったのですが3歳娘は怖がりもせずかなり楽しんでいました。

待ち時間が20分位でしたが1回乗ったら気にいったようで「次何に乗りたい?」と聞くと間髪いれず「ダンボ」と答えました。

 

f:id:jyouhouhou:20170908230536p:plain

さすがに連続では乗りませんでしたが、結局2回乗りました。

2回目の時はちょうどパレードをやっていたのでダンボに乗った高い位置からパレードを見る事ができて新鮮でした。

その後、ダンボの象に乗って写真も撮りました。

 

f:id:jyouhouhou:20170908230248p:plain

ウエスタンランドのウエスタンリバー鉄道

ちょっと意外だったのですがウエスタンリバー鉄道もかなり気に入っていました。

電車やバスに乗るのが好きな子なのでそういう感覚で乗ったのでしょうか?

私からするとちょっと怖いなぁと思う場面もありましたが意外と平気で乗っていました。

ウエスタンランドをぐるっと一周回るので大人でも楽しめました。

娘は時間があればまた乗りたかったみたいです。

 

f:id:jyouhouhou:20170908230923p:plain

ウエスタンランドのカントリーベア・シアター

私はあまり入りたくなかったんです。

でも待ち時間もほぼなかったし他に乗りたい物もなかったので試しに入ってみました。

ワクワクドキドキ感はなかったですが、くまさんがいっぱい出てきたのでとっても喜んでいました。

基本暗い所が苦手な娘ですがこれは問題なく楽しんでいました。

3歳児だけかと思いきや小学3年生の娘も楽しかったと言っていたので驚きました。 

アドベンチャーランドのスティッチ

これも暗いのとこのキャラクターを全く娘が知らなかったのでどうかな?と思ったのですが、待ち時間が少なかったので入ってみました。

スティッチと鳥がいっぱいでてきて間近で見ると若干スティッチの顔が怖いなと感じたので泣くのでは?と心配したのですが全然大丈夫でした。

手拍子なども一緒にして楽しんでいました。

 

f:id:jyouhouhou:20170908231059j:plain

ミニー・オー!ミニー

このショーに並びに行く直前にベビーカーで寝てしまい、どうしようかと思ったのですがどうしても見たかったのでベビーカーを置いて抱っこして列に並びました。

座席も問題なく前の方に座れたのですが、強風の為にまさかの中止!

ミッキーやミニーなど出演者が5分ほど出てきてくれましたがコレは本当に残念でした。

 

f:id:jyouhouhou:20170903235641j:plain

幸い娘がミッキーと手をつなげたのがラッキーでしたが並んで待っただけに無念と言った感じでした。

次回はいつ行けるか分からないのでこの日中止になったのは今回の旅行で一番ショックな出来事でした。

 

f:id:jyouhouhou:20170908231544p:plain 

プーさんのハニ―ハント

娘はプーさんが結構好きなので行く前から「プーさんの乗りたい」とずっと言っていました。

1日目はファストパスも夜の時間しか取れなかった為、諦めましたが2日目に並んでなんとか乗る事ができました。

娘も楽しんでいましたが大人でもプーさんの世界に入り込んだ感じでとっても素敵な時間が過ごせました。

 

f:id:jyouhouhou:20170908232011p:plain

ファンタジーランドのホーンテッドマンション

反対に一番嫌だった、怖くてダメだったのがこれでした。

ディズニーという夢の国だし、ファンタジーランドの中にあるから、まさかそんなに怖いとは思ってなかったんです。

油断していました、私も途中から目を伏せる程に怖かったです。

小学生の娘がどうしても入りたいというので家族4人で入りましたが旦那と長女は「めっちゃ楽しかった」との事で2日間で4回位乗ったそうです。

私と次女は1回でこりごりでした。

入った瞬間から次女はダメだったのでずっと目をつぶって下を向いていました。

出口では半泣きになっていたので本当にかわいそうな事をしました。

初のディズニーランドの1つ目のアトラクションにコレを選んでしまった事を心の底から後悔しました。